自宅トレで!男性は分厚い胸板を、女性は上を向いたバストを手に入れる方法

分厚い胸板、バストアアップ、美しいデコルテラインを手に入れろ



胸板の厚みで男性らしさ!女性も必見!?胸の筋肉を鍛えよう!

みなさん、こんにちは!初めましての方もそうでない方も、改めて初めまして!

筋肉健康博士
美容や健康、ダイエットなどの記事を担当する筋肉・健康博士です。
元ライザップトレーナーとして多くの方々を健康的で美しい肉体に導いた経験や知識を、少しでも多く皆さんにお伝えしていければと思います。

先週もお話しましたが、すっかり春ですね!

朝晩の冷え込みもすっかり和らいで、これまでと同じような格好だと汗がヤバい・・・ので、私も昨日から昼間はTシャツで過ごしています。

やはりこれくらいの季節になってくると着るものが少なく身軽に過ごせるというのが良いですねぇ。年中15度~25度くらいで安定していると素晴らしいと思います。なるべく身軽に過ごしたいという欲望ですね(笑)

今回のお話は、以前腹筋の話の時と同じような流れですね!温かくなって身軽になって、薄着になって、、、身体のラインがよくわかる!

だからこそ、薄着を着こなす体を作りましょう!という訳ですが、、、薄着になって体型を気にしているのは何も女性ばかりではありません。

男性は特に薄着になるとお腹周りが・・・など気にされる方は多いのではないでしょうか。

細身に見えたけど、「脱いだら凄いんだぜ?」→ お腹ぽこー、では格好がつかないですし。
俺、脱いだら凄いんだぜ?

これまでの季節でしたら、着ているものが多少は厚着なので隠れていましたが、これからの季節そうはいきません。なので、しっかりとお腹周りを減らして、見た目の良い体型を作りましょう!というのが腹筋のお話でした。

今回は胸筋のお話!胸筋は主に男性が薄着になった時に「男性らしさ」を見せるのにもっともわかりやすい部分ですね。

どこかで見かけましたが、「胸筋の厚さ」は信頼感に繋がるとかなんとか。

この信頼感っていうのは、おそらく女性が男性に対して抱く感情に限ったことなんだと思いたいですが(笑) 胸襟をつけるために、皆さんちゃんとトレーニングしていますか?

そもそも、胸の筋肉のつけ方が分からないというそこの貴方のために!今日は夏に向けて女性からの信頼感を得るための胸筋のつけ方を伝授します!

薄着本番の初夏に向けて、今から初めて夏に熱い(厚い)胸板を作ろうではありませんか!!

胸の筋肉の形を知ろう!大胸筋の形

大胸筋(図1:http://lbgym.jugem.jp/?eid=3795#sequelより)
そもそも胸の筋肉がどうやって付いているのか~ですね。これは図を見ていただいたら分かりやすいと思います(図1)。

鎖骨の下~剣状突起(肋骨の分かれ目のところ)までの部分がすべて「大胸筋」という訳です。この部分のトレーニングをしっかりとおこなってやることで、男らしい胸板が・・・手に入るという訳ですね!
ジムに行って大胸筋のトレーニングをおこなうことができれば最も手っ取り早いのですが、もちろんそんな時間がない!という人のために今回は自宅で出来る大胸筋トレーニングを紹介していきます!ちなみに、ジムに行ける人はベンチプレスを中心に、この記事で紹介する内容を応用すればバッチリですよ☆

誰しもが一度は経験済み!腕立て伏せで厚い胸板をゲット!!

腕立て伏せで厚い胸板をゲット!!
腹筋の6パックの時もそうでしたが、基本的に家でできるトレーニングに難しいトレーニングはありません。大胸筋のトレーニングも決して難しいものではなく、腕立て伏せの「やり方」でしっかりと胸に刺激を加えましょう!

  • 1:両手の親指と人差し指で三角形を作ります。
    悪魔くんばりに目の前で三角形を作りましょう。悪魔くんが分からない方は下の絵を参照(笑)
    こんな感じの三角形をつくりましょうhttp://akagiri1018.blog17.fc2.com/blog-entry-20.htmlより
  • 2:手の角度はそのままにして、うつぶせに寝転がり胸の横に手を置きます。置いた位置からそとに手を移動していき、手首~肘が床と垂直になる位置に手を置きましょう。これがおそらく「肩幅の1.5倍くらいの広さ」です。
  • 3:置いた手の指を少し開いて安定させ、そのまま腕立て伏せ開始です!体をまっすぐに保って、肘が伸びきる直前まで体を起こしましょう。下におろすときはなるべくゆっくり、胸が床につくかつかないかくらいの位置で、再び体を起こしましょう!
注意

  1. 手は胸の横!肩の横に置いてしまうと胸にあまり刺激を加えることができません。
  2. 体を反ったり曲げたりしないように!胸の筋肉への刺激が逃げて、腕がしんどいだけですよ!

実際にやってみればわかると思いますが、結構しんどいです(笑) このブログを書いているときに「お前何回できんねん!」といわれそうなのでやってみましたが、ほんまの限界で34回でした。。。いや、もっとできるんですけど、昨日ジムで胸のトレーニングやったばっかりで筋肉痛が・・・すいません、トレーニングやり直してきます(笑)

この手幅で一回もできないという方はうつぶせ状態から膝をついて腕立て伏せをするようにしましょう。もちろん、膝をついているからといって体を曲げないようにだけ注意してくださいね☆

補足
この腕立て伏せ、何も意識されずに行うときに比べるとやりづらさを感じられるかと思います。
おそらく手幅が広いから体が上がらない、、、といったところでしょうか。それもそのはず、手幅を狭くしておこなう腕立て伏せ(プッシュアップ)は上腕三頭筋(いわゆる二の腕)の関与が大きいです。逆に手幅を広げすぎると筋肉自体があまり動かせず、トレーニング効果も低くなってしまいます。やりかたの2番の手幅を意識して、バリエーションとして手の置く位置を手のひら1枚分広げたりするのは良いかもしれませんね!

まとめ

バストアップ効果、デコルテラインを美しく。
今日は男性向けのお話なんだと思った女性の方は大間違い!女性にとっても大胸筋というのはとても大切な筋肉です。胸のトレーニングをおこなうことで、おっぱいを上に引き上げて形がよくなることも期待できますし(バストアップ効果)、なによりデコルテラインが素晴らしく美しくなります。
付属的に腕の筋肉のトレーニングも行っていることになるので、二の腕のきになる振袖もなくなって、まさに一石二鳥ではないでしょうか???

筋肉健康博士
男性も女性もこれからの季節にぴったりのトレーニングです。まだ間に合う?今だからこそ間に合いますよ!!!


分厚い胸板、バストアアップ、美しいデコルテラインを手に入れろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です