筋トレ女子はモテる!引き締まった魅惑のボディを手に入れよう

筋肉健康博士
みなさん、こんにちは!初めましての方もそうでない方も、改めて初めまして!
美容や健康、ダイエットなどの記事を担当する筋肉・健康博士です。
元ライザップトレーナーとして多くの方々を健康的で美しい肉体に導いた経験や知識を、少しでも多く皆さんにお伝えしていければと思います。

梅雨と言いながらもなんだかんだ降りません。前回も同じようなことをお話していますが、本当に降りませんね。

天気予報では軒並み降水確率が50%を超えてくるような状態なんですが、しかし降りません。降った時には豪雨、みたいな状態ですね。最近では九州での被害が筆頭に関東もえらいことになりましたし、僕の地元・愛知県でも犬山城のしゃちほこが・・・落雷による衝撃によって無くなったみたいですが。。。国宝指定されていますし、元通りになるといいですね。

さて、前回はトレーニングをおこなうモチベーションについてお話しました!

今回は・・・女性が筋トレすることについてのメリットを並べていきたいと思います!
まだまだ世間では「トレーニング」をおこなっている女性は非常に少ないです。身体を少し動かして、「運動した」気になって結局痩せていないと嘆いている女性を僕も何人見てきたことか・・・。

なぜ筋トレしないのかを軽く聞いてみたりすると、「筋トレするとマッチョになるのが嫌」と口にする女性が非常に多いです。

これについては何度かここでもお話していますし、今後もさんざん話していくことになると思いますが、女性がマッチョになるなんて、男性の何十倍ともいえるような努力をおこなわなければなりません。普通の人?がダイエットしたいとかのモチベーションのためにトレーニングをおこなった程度でマッチョになるなら、おそらく世界はマッチョだらけで、そもそもマッチョなんて言葉すら生まれていないでしょう。

今日は、そんな間違った常識が蔓延している状態に喝を入れ、女性にも積極的にトレーニングをおこなっていただきたい!というお話をしていこうと思います。

女性はマッチョになりません。ホルモン的に。

先ほども書きましたが、女性はマッチョになりません。ものすごい抽象的に言うのであれば、筋肉の神様は男性にだけ微笑みを与えて、女の人にはほぼ振り向きもしません。女性は筋肉の神様に嫌われているといっても過言ではないでしょう。

そんな話はさておき、そもそも男性が男性らしいのは、女性が女性らしいのは体内のホルモンの問題です。

なんとなくはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、いわゆる「男性ホルモン」「女性ホルモン」の分泌量が男女では圧倒的に異なります。まぁ、名前からしてわかると思いますが。一応男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンが分泌はされています。

男性が男性らしい、体毛が濃かったり筋肉が発達するのは男性ホルモンの分泌量が圧倒的に多いためです。女性ホルモンは身体に脂肪をつけることでふくよかさを出す、肌の潤いや髪のツヤを出す、というような働きです。この女性ホルモンは男性ホルモンの働きを抑制しています。

女性の男性ホルモンの分泌量は男性の約10分の1、しかも女性ホルモンは男性ホルモンの働きを抑制するので余計に筋肉は尽きません。

身体の作りからしてマッチョにならないといっても過言ではないので、安心してトレーニングをおこなってください!

筋肉が作るのは身体のライン

「今年こそくびれを!」「二の腕のぷるぷるが・・・」

などなど、身体の悩みを抱えていらっしゃる女性はほぼ全員と言えるでしょう。ほとんどの女性はダイエットによって身体の悩みが解決するようなことですが、そのダイエットも「体重を減らす」という事ばかりを目標にして、「体重が減る」=「目標が達成される」と思いがちです。

というよりも、体重が減ればくびれができる、二の腕が引き締まると思い込んでいる方ばかりです。私の記事で何度も言っていますが、、、「体重は関係ありません」。

論より証拠、こちらの写真をご覧ください。

しかし、世の中の女性の大半が言う「体重を減らす」という言葉は、その人の目的をちゃんと聞けば、ほとんどすべてが「体脂肪を減らす」という意味で使用しています。

繰り返しますが、「体重を減らす」ことと「体脂肪を減らす」ことは似て非なる言葉です。くびれ、二の腕、腹筋の縦筋、、、すべて体脂肪を減らすことがそれぞれの目標への最短ラインであり、筋トレによってさらに素早く行うことができます。体型を作っているのは筋肉です。その周りに無駄な脂肪がついて体型を崩してしまっているのです。体型を作るための筋肉がなければ、当然身体のラインは強調されませんよね?

インスタで見る綺麗な体の女性は例外なく筋トレしている

まぁ、これはインスタを見れば一目瞭然というか。生まれたときからスタイルの良い女性なんてのはいません。

自分の体型を自覚し、理想を求めて食事やトレーニングによる体型管理をおこなっている女性がモデルさんのような体型になっています。写真で見る女性、特に「美尻」なんてタグが付いているような女性は非常にストイックなトレーニングをおこなっていたりします。

「美脚」なんてタグの女性も、ただ足が細いだけではなく引き締まっていますね。こういった方々もしっかりとトレーニングをされていますし、実物で見ると思ったよりも太もものサイズが大きいという方も珍しくありません。

結局、写真だから実際のサイズはよくわからないということもあるかと思いますが、筋トレをおこなうことによって脚のラインがはっきりとして、よく言う「脚線美」によって脚が細く見えています。というか、そういう女性はがインスタの大半です。ちなみにスクワットをちゃんと行っている女性と、そうではない女性の比較写真です。

とってもわかりやすいですね。見てわかるように、「細い」というだけなら左の女性ですよ。でも、あなたにとって「魅力的な身体」はどちらの女性でしょうか。

言わずもがな、健康になります!

これはまぁ、、、女性に限った話ではないのですが。。。女性視点で行きましょう。

まずは「むくみ」ですね。筋肉、特に脚の筋肉(ふともも・ふくらはぎ)の筋肉をしっかりと鍛えることで、永続的にむくみが解消されます。筋肉はポンプの役割を持っています。

「足は第2の心臓」なんて聞いたことありませんか?筋肉がポンプの働きをおこなっているので、下半身のポンプ作用が大きくなります。ポンプが大きく動くことによって、老廃物をリンパに流しやすくなります。リンパそのものにはポンプとしての役割はないので、周辺筋肉のポンプ作用によって流れているわけです。ということは、当然筋肉の動き(ポンプ)が強ければリンパも流れやすいですよね?むくみとおさらばする日も近いです!

そして、冷え性の方々。冬に限らず、夏も空調などで手先・足先が冷えますよね。。。これも筋肉量が少ないということが一つの原因です。筋肉は熱を発生させるので、トレーニングをしっかりとおこなうことによって、心臓から送られてくる血液が温かいまま運ばれてきます。もちろん、手足も筋肉をしっかりと鍛えて筋肉の働きを強くしてあげることで熱発生の効率もよくなります。冷える原因がありませんね?冷え性もおさらばです。

さらには姿勢がよくなるというのも一つのメリットでしょう。筋トレする=姿勢がよくなると一概に言い切ることはあまりよくないとは思いますが・・・ちゃんとしたトレーニングをおこなうためには姿勢の良さは絶対に必要です(同じ動作でも筋肉への刺激が全然違います)。そのため、「良い姿勢」を覚えるとともに、その姿勢を維持するための筋肉をつけることができる、という訳ですね。街中でめっちゃ綺麗な女性がめっちゃ猫背で残念な思いをしたことが何度かあります。女性の美しさは姿勢からといっても良いでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性の筋トレも男性とともにメリットのみです。筋トレによるデメリット、、、ちょっと今度記事にできるように考えてみます(笑)ちなみに、トレーニングをおこなうことによって、テストステロンというホルモンの分泌量が体内増えますが、このテストステロンによってストレスが軽減されます。同時に、いわゆる「やる気」も上昇しますので、日常生活でストレスが溜まってきているなと感じる方もトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか?やはり女性にとってもメリットだらけの筋トレです。始めない理由がありましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です