あなたも危険が迫ってる!?しっかり自己管理をして生活習慣病を吹き飛ばせ!

筋肉健康博士
みなさん、こんにちは!初めましての方もそうでない方も、改めて初めまして!
美容や健康、ダイエットなどの記事を担当する筋肉・健康博士です。
元ライザップトレーナーとして多くの方々を健康的で美しい肉体に導いた経験や知識を、少しでも多く皆さんにお伝えしていければと思います。

暑い・・・日差しが肌に焼き付いてきますね。京都は風が生ぬるいのが嫌です。
もう少し湿気だけでもなくなってくれればいいんですが。

個人的な話ですが、最近趣味のバドミントンを再開できました。体育館を締め切って行うため、サウナ状態での競技・・・ほんまに汗だくです。その時にシャツやパンツの焼け跡が変に見えるのが嫌というのと、Tシャツ焼けが嫌いなので日常で肩まで袖をまくったりしていますが、本当はしっかり焼いたほうが良いんですよね~。脱いだ時の見た目的に(笑)まぁすでに腕時計焼けしてしまっているので、そこは残念なんですが。

さて、今回はまさに現代で生きる我々には見過ごせない話題・生活習慣病についてです

ある意味でこれまでの僕の担当ブログの内容からかけ離れています。というのも、会社で同い年の子が痛風になったということで・・・(笑)いや、笑い話ではないんです。

同い年の人の病気とかってなんか気になりません?まして、自分と同じ会社だったり友達だったりすると、自分もその可能性が十分にあると思い知らされるというか。そのため、今回は生活習慣病の中でも、あえての痛風を最初に取り上げようと思います!痛風とは何か、どうすれば避けられるのかなどをお話していきます☆

痛風とはなんぞや?


生活習慣病といえば、がんを筆頭に脳血管疾患、心臓病、糖尿病(Ⅱ型)、高血圧などなど様々なものがあります。その中に痛風があるわけですね。

正確には生活習慣病の中に高尿酸血症があり、それを起因に痛風になるわけです。名前の由来はいくつかあるようですが、発作時の痛みが骨折以上であり、一番有名なのは「吹いた風が当たるだけでも痛い」からというものです。

痛風の原因は体内の尿酸の量が増加しすぎることです。尿酸は水に溶けにくく体内に蓄積されやすいです。体内に尿酸が溜まることで結晶化して炎症を引き起こして、痛風になってしまうということです。発作が末端(特に足)で起きやすいのは体温の低い身体の末端に尿酸が溜まりやすいからです。

高尿酸血症の人が全て痛風を発症するわけではないですが、なぜ痛風を起こすのか、というのも実はよくわかっていません。調べてみると・・・脱水症状による急激な尿酸値の変動、物理衝撃による尿酸結晶の剥落、激しすぎるスポーツなどなどということです。

激しすぎるスポーツというのは人によって変わってくるので、おそらくは普段運動をしない人が急に激しい運動をすることがきっかけになってしまっているということでしょう。

きっかけを調べて、僕の同僚の子が痛風になった理由は・・・物理衝撃による結晶剥落と激しすぎるスポーツでしょうね(笑)

彼は足首に症状が出ていましたが、炎症で物凄い腫れ方をしていました。見ているだけで痛そうでしたね・・・

痛風の原因、その対処法は?

どうして痛風になるのか、というのは少しお話しましたが、不確定要素が多いというのはよくわかったと思います。

少なくとも、高尿酸血症ではない人でも痛風になることがあるようですし(痛風発症者の25%は正常値の人らしいです)。一応ここでは、高尿酸血症の人は~という前提で話しをしていきますね。

高尿酸血症の原因は分かりやすいのが有名なプリン体です。

プリン体は体内で分解されて尿酸になります。尿酸が増えすぎるから・・・高尿酸血症になると。

よくビールにはプリン体が~とか言いますが、それはもちろんのこと、アルコールそのものが肝臓での乳酸合成を促進して尿酸濃度を上げてしまいます。なので、ビールが最もプリン体で有名になったわけですね(笑)

お肉やお魚にもプリン体は含まれており、野菜にもあるんだとか。特に麦芽や豆類が多いようですが、野菜のプリン体は血中のプリン体濃度を高めないようです。これも不思議な話。

まぁプリン体と一口に言ってもたくさんの種類があるので、種類の違いによるものですね。また、果物の糖質・果糖は酸性条件下で尿酸が析出しやすくなるようです。果汁が多いジュースを日常的に飲む人も痛風リスクを高めるみたいですよ?

リスクを取り上げることでその対処もなんとなくわかりやすいと思いますが、後はストレスや水分不足が痛風を引き起こすようです。ストレスに関しては分かりませんでしたが、コルチゾル(ストレスホルモン)が何らかのスイッチになるんでしょう。

水分不足は分かりやすいかなと思いますね。水に溶けにくい尿酸とはいえ、体内から何かを輩出するときには汗や排尿が基本です。水分をしっかりと摂取することで、尿意を催し、排尿によって尿酸を外に出すように意識するということですね。排尿に関しては尿酸だけに限らず、様々な毒素を排出する、まさに最高のデトックスですから、しっかりと水分を取って、効果的なデトックスをおこなうようにしましょう。

また、クエン酸が痛風緩和に有効であることが医学的に証明されているようなので、クエン酸を多く含んでいるレモンやグレープフルーツ、梅干しなどを摂取するようにすると良いようです。他にも肝機能向上(プリン体数の減少)や腎機能向上(尿酸排出)も重要なポイントです。日常的な運動や、日々の水分摂取、ストレス解消もしっかりとおこなっていきたいところですね!

まとめ

本日は短い内容となりましたが、本当に生活習慣病はいつのまにか発症してしまうようなものです。その名の通り、生活習慣によって発症する病気ばかりですので、これを機にご自身の生活習慣が身体に良いのか悪いのか、しっかりと考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です