売れてるキャバ嬢はみんなやってる!心を掴むメールテクニック

売れてる子はみんなやってる、ハートを掴むメールテク

「お客さんにメールやLINEを送るのは大事なのは分かってるんだけど…」

でも実際になんて送ったらいいのか考えるのは大変ですよね。

今回はお客さんの心を掴むためのメールの送り方を伝授します。

補足
最近はLINEでのやり取りが主流になっていますが、基本はメールと一緒です。
メンドウだけど、売れてるキャバ嬢は必ず送っています。
もっと売れてるキャバ嬢はさらに一工夫した内容を送っています。

この記事を読み終わった貴女のメールテクは確実に進歩します!

まずはダメな例からご紹介

エージェント前田
もし以下に当てはまる内容を送っていたら、今すぐやめよう。エージェント前田との約束だぞ!

ストレート過ぎる「お店に来て!」

ちょくちょく見かけるこの内容、実はNGなんです。
このお客さんとはいい関係だから大丈夫!なんて人相手にも「会いたいから来て♡」と言い換えましょう。

それと直球ド真ん中な営業メールは、お客さんが定着するまで控えたほうがいいですね。

エージェント前田
例えばお店がコスプレイベントをしているとして・・・
「今日はコスプレイベントだから来て!」はダメな例。
「今日は○○のコスプレしてるから○○さんに見て欲しい!」というような内容を送るとGOOD◎

日記かよっ!って突っ込みたくなる自己完結な内容

今日は友達とランチいってきたんだけど、美味しかったよ~♪
お客さんに送る内容が思いつかなくて、こんなブログみたいな内容送っていませんか?
正直このメールが送られてきても、お客さんも返信に困ってしまいます。

営業メールは、「疑問形で終わる」ことが大切です。

今回の例でいうなら・・こんな感じでしょうか。

今日は友達とランチいってきたんだけど、美味しかったよ~♪
祇園にある○○ってお店なんだけど、○○さんはいったことある??(←疑問形で相手の返信を狙う)

ちょっとしたことですが、これを心がけるだけで飛躍的に返信率がアップします!

お店がヒマなの~

これは以前の記事でも説明させていただきましたが、簡単にまとめると「ヒマなお店には行きたくない」って思いますよね。
しかも、ヒマなお店って宣伝しているようなものなので、お店側からしても迷惑な営業方法です

こちらの記事に詳しく書いているので、ぜひ一緒に読んでさらににテクニックを身につけて下さい!

売れたいキャバ嬢へ、今日から使える営業テク5選+α

2017.02.22

同じ文章をコピペで大量送信

ハッキリ言います。それ、お客さんにバレてます。

お客さんの名前を入れるだけで全然返信率が違います。
些細なことでも構わないので、ちょっとしたエピソードを交えるのも大事です。
(さらに言うならば、そのお客さんと自分だけのエピソードだと理想)

エージェント前田
めちゃくちゃ手間がかかるけど、かけた時間以上のモノがお給料として返ってくるんやで!

売れてるキャバ嬢の営業メールテク!

諦めたらそこで試合終了、めげずに送り続ける

ぜんぜん返信がないからって諦めちゃダメです。

一言添えて返信率アップ!お礼メールに一工夫

ただお礼を伝えるだけじゃなく、席についた時に話したことをいれてみて下さい。

ちなみにお客さんが帰られたあとにあえて電話をするのもオススメです。
多くのキャバ嬢たちはメールでお礼をしているので、電話することでライバルと差別化を図れます。
お客さんも「この子は他の子と違うなー」って思ってくれます。

苦手なお客さんこそ積極的にメールしよう

あの人から指名はもらったけど・・・ちょっと苦手なんだよな~。。

もしそんなお客さんがいたら逆にチャンスです。」
貴女が苦手に思うということは、他の子も苦手に思っている可能性が高いんです。

おそらく積極的にメールを送っているライバルが少ないはず。
そんなお客さんは褒めちぎってあげると意外といいお客さんになったりします。

写メは最強の営業ツール

キャバクラに来るお客さんは、大抵色々なキャバ嬢から営業されてます。
お酒も入っていることもあり、貴女の顔もよく覚えていないかもしれません。

写メを送ればお客さんも貴女の顔を忘れないですし、また会いたいな~って思うかもしれません。

エージェント前田
ただの自撮り写メだと送りづらいなーって思ったそこのアナタ!イベント時のコスプレした写メとかを送るのも効果的やで!

「もう営業メールしなくていいよ」って言われたらチャンス?!

こんな返信が返ってきたことありませんか?
定期的にメールを送っていると、こういう返信をしてくるお客さんいますよね。

もしそれで本当にメールをやめてしまった貴女!
本当に、ほんとーーーに、もったいない。。

実はこの「営業メールしなくていいよ」という返信は、あなたの反応を試すテストだったんです。

エージェント前田
本気で営業メールが嫌だったら、無視するとか、ブロックするとか。
なのに貴女に返信している・・・つまり貴女に何かを求めているってこと!

お客さんはこう考えています。

貴女がメールを送るのをやめた場合
お客さん「営業メールはしなくていいって伝えたら、本当にメールが止まった。やっぱりあのメールはただの営業だったんだ・・・(涙)」
それでもメールを送りつづけた場合
お客さん「営業メールはしなくていいって伝えたのに、まだメールしてくるな。あれ?もしかしてこの子は営業じゃなくて、本当に俺とメールがしたいだけなのかな・・・?脈ありっすか?!(歓喜)」

悲しいかな、男は基本的にアホな生き物なので、こんな風に思っちゃいます。

なので、その後のメールでは、「○○さんとメールがしたいから送ってるんです。」というニュアンスをさり気なく伝えるとさらに効果的です。

お客さんの言葉を真に受けて、今までの営業努力を無駄にしないように気を付けましょう。

まとめ

メール営業って本当に大変です。
しかも大抵仕事の時間外にしなきゃならないし、すぐにお金に繋がるわけでもないです。

ぜんぜん来てくれないお客さんがいたら、「お店に来て!」とNGなメールを送りたくなるかもしれません。

でも、正しいやリ方で、毎日コツコツと営業を続けていればゼッタイに結果がついてきます。保証します!

エージェント前田
何事もそうだけど、「継続は力なり」ってこと!

売れたいキャバ嬢へ、今日から使える営業テク5選+α

2017.02.22
売れてる子はみんなやってる、ハートを掴むメールテク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です