90%のキャバ嬢がしている勘違い!売上を上げるために「間違った努力」してませんか?

90%のキャバ嬢がしている勘違い!売上を上げるために「間違った努力」してませんか?
京都夜本スタッフ佐藤
こんばんわ!貴女の心のホットステーション、佐藤です。
今回はエージェント前田に変わり佐藤が芸術的戦略的テクニックをお届けします。

キャバクラでは女の子同士で日々壮絶な売上合戦が繰り広げられていますよね。

より売上を上げるため、より人気のあるキャバ嬢になるため、日々努力するキャバ嬢たち。
「自分磨き」に精を出すのはとても素晴らしいことだと思います。

補足
美容関連商品を購入して、ジムに通って、毎日の食事に気を付けて・・・。
時間と労力をかけて自分を磨く行為自体に満足してませんか?

売上をアップするために様々な努力をされているキャバ嬢の方は多いですが、「努力の仕方」を勘違いしている人が多いんです。

もちろん見た目は非常に大切です!
容姿が良い方が有利に働く場面のほうが多いですし。

しかし、「売上をアップする」という点においては、見た目よりも重要な事があるんです。

それはいったい何なんでしょうか。

今回は多くのキャバ嬢が勘違いしている、売上アップの方法を具体例を出しながら解説します。

9割のキャバ嬢が勘違いしていることって?

9割のキャバ嬢が勘違いしていることって?
それは・・「私が人気者にならないといけない」と思っていることです。

ぶっちゃけていいます。
実はそれって人気のあるキャバ嬢になる方法として間違っています。

具体例を出してみましょう。

私はお客さんからの人気を得るために、常に美に磨きをかけています!
アクセサリーは小物まで妥協せず、エステに頻繁に通って、スタイル維持のためのジムで運動も欠かしません!

不細工よりも美人の方がいいのは間違いありません。カワイイ方が人気がありますし、色々と有利です。

しかし、先ほども言いましたが、人気を獲得するためにはあまり重要じゃないんです。

京都夜本スタッフ佐藤
そもそもキャバクラで面接を通っている時点で、あなたは不細工じゃありません。
むしろ世間一般的にはカワイイ女の子に分類されているはずです。

つまり、周りのライバルの女の子たちとあなたが極端に違うということがないってことです。
ということは、人気のあるキャバ嬢になるためには「自分磨きだけではNG」ということなんです。

売上を上げるために自分が人気者になる必要なし

あの子、実は俺のこと好きなんじゃね?!
さきほど「私が人気者に~」という話が間違っているといいました。
何故間違っているのか?それは逆なんです。

キャバクラで人気者にしないといけないのは自分はなく、お客さんだからです。

どういうことかというと、「俺、あの子のことなんかいいなーって思う」と思わせるよりも「あの子、実は俺のこと好きなんじゃね?!」と思わせたほうが売上アップに繋がるということなんです!

追われるよりも、追う姿勢をみせよう

応援されるキャバ嬢になるためには、追われるよりも、追う姿勢を見せることが大切
応援されるキャバ嬢になるためには、追われるよりも、追う姿勢を見せることが大切です。
お客さんが「あの子、俺のこと好きなんじゃ?!」と思わせることができたら、こちらのものです!

京都夜本スタッフ佐藤
今までだったらお会計を見て、「5万円?ボトルも入れてないのに。高けぇーな!!」と文句を言っていたようなお客さんも、「たった5万円?この子と喋るには安いもんだ。」とご満悦で家路につきます。

ピンチのときには駆けつけてくれる素晴らしい常連客へと変身します!
こういうタイプのお客さんを大量に抱えることでNo1キャバ嬢への道が開けます。

では具体的にどうやってそういったお客さんを量産すればいいでしょうか?

「この子、俺に惚れてるな」と思わせる方法

キーワードは「特別感の演出」です。
「あなただけ、○○さんだけ」を連発し、2人だけしか知らない内密な話をすることによってお客さんとの距離感がグッと縮まります。

他にも敬語をやめたり、下の名前で呼ぶようにしたり、少しだけヤキモチを焼いてみたりするのも効果的です。
「その他大勢の客と俺は違うんだ!」と思わせるのが大事です。

こういった演出はすべて「売上を作るため」、「私だけのお客さんを作るため」のテクニックです。

まとめ

No1キャバ嬢になるために(=売上を上げるために)必要なことは、「お客さんに夢を見せてあげること」です。

この子とデートしたい。付き合いたい。ヤりたい。モテたい。そんな男の夢を少しだけ接客で叶えてあげる。
つまり自分がモテるようになるのではなく、「お客さんをモテさせてあげる」のが大切です!

京都夜本スタッフ佐藤
キャバクラは夢を売る商売!!そう、ミッ○ーマウスのようにね。書いてて思うけど、悲しい男の性だなー。。
90%のキャバ嬢がしている勘違い!売上を上げるために「間違った努力」してませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です