世界最高峰のボディビル選手権大会「Mr.olimpia」がガチでヤバイ件について

筋肉健康博士
みなさん、こんにちは!初めましての方もそうでない方も、改めて初めまして!
美容や健康、ダイエットなどの記事を担当する筋肉・健康博士です。
元ライザップトレーナーとして多くの方々を健康的で美しい肉体に導いた経験や知識を、少しでも多く皆さんにお伝えしていければと思います。

季節はすっかりと秋めいてきましたね。昼間の天気がいいときでも汗がダラダラ、ということはなく、風も気持ちよく吹いています。明け方や夕方~夜には寒いくらいで薄手の羽織るものが欲しいくらいですね。

僕自身も短パンスタイルから8分丈の長さのパンツに変えたり、羽織るものをカバンに入れたりしていますが、今のところ上はあまり出番がありません(笑)

帰りの駅からの徒歩は非常に気持ちのいい、のんびりした時間帯で大好きです。この季節がずっと続けばいいのになぁ・・・

さて、今回はミスターオリンピアのお話です!なので、今日は短めにお話しますよ!(笑)

皆さんはミスターオリンピアと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、、、ボディビルディングの世界最高峰の大会の名称です。

アーノルドシュワルツネッガーとかがボディビルで有名だったのは、この大会での勝利記録や連覇記録を持っていたからなんですね。現在では連覇記録は塗り替えられていますが、それでも世界最高峰の大会で優勝しているわけですから、すごい話です。

近年、日本でもベストボディジャパンを代表に様々な「身体を魅せる」大会が多くなってきていますが、オリンピアからの影響があるといっても差し支えないほどでしょう。

オリンピアの大会では8種類の種目?があり、ミスターオリンピア、212オリンピア、メンズフィジークオリンピア、クラシックフィジークオリンピア、ウィメンズフィジークオリンピア、フィットネスオリンピア、フィギュアオリンピア、ビキニオリンピアと分けられています。

筋肉健康博士
正直言って、僕も詳しい区分けは分かりません!(笑) いや、多少は分かりますけど、もうなんて言うか、ね(笑)って感じです。ミスターオリンピア、と212オリンピアはボディビル、フィジークはまぁその名前の通り(笑) フィットネスオリンピアは女性の競技ですが、アクロバットパフォーマンスを審査に組み込んでいるようです。

フィギュアが一番良くわからないんですが、「最も女性らしさを求めて競う」らしいです。ビキニもその名の通り、ビキニが似合うよう身体を競う競技で、お尻が一番重要なポイントですね。日本のベストボディ同様、顔も審査に加わっています。

今回のミスターオリンピアではフィルヒースという選手が7連覇がかかった大会でしたが、見事に7連覇!素晴らしいですね。その写真がこちら↓

うーん、、、気持ち悪い(笑) こんなこと言ったら失礼ですね(笑)

どこもかしこもバルクアップしていて、もはやよくわかりません。プロのボディビルの方はみんなこんな感じなので、何で優劣をつけているのか、審査員に小一時間問いただしたい気持ちもあります。ちなみにフィルヒースの優勝が決まった瞬間の写真ですが、頭と肩を入れ替えても違和感がないという面白画像も上がっていました↓

元画像加工画像

この画像も見ても分かるように、三角筋(肩の筋肉)がデカいですね。デカいというレベルを超えていますね。ここまでの身体をつくる努力はとんでもないものだったと思います。

実はこのミスターオリンピア、主要種目以外にもいくつかエキシビジョンというか、オープン参加で誰でも参加できるような種目もあり、その中のメンズモデルサーチという種目にライザップ時代の同僚が出場しました!プライバシーの関係で顔は隠しましたが、2人の画像がこちら↓

僕が一緒に仕事していた時よりもでかくなってますね。コンテストのために絞ってこのデカさなので、普段はもう1周りデカいんでしょう。もしこの2人が知らない人だったとして道で出会ったら、颯爽と道を譲ること間違いなしです(笑)

日本でもベストボディジャパンやサマースタイルアワードなど、フィジークのような大会で「身体を魅せる」という大会が増えてきています。

近年のフィットネス業界の盛り上がりは今後も右肩上がりで、日本の健康志向に拍車をかけることでしょう。まだまだサプリメント1つとっても、薬との差が分かっていない一般の方が非常に多いです。

また、サプリメントを万能薬のように扱い、「飲めば痩せる」「飲めば筋肉が大きくなる」なども平気で謳われています。もっと日本全体にフィットネスに対する関心が高くなれば、サプリメントというものへの意識や知識が充実して、自己健康管理も行いやすくなり、個人個人の医者に使うお金が自分の「健康」のために使われることでしょう。日常の状態を0とするならば、医者へ行くということは、マイナスから0にするためにお金を使うということです。

筋肉健康博士
0からプラスにするために、今よりも、より良い生活を送るためのフィットネスの知識を日本にもっと広めるために、僕も少しでも力になれればと日々思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です