夏の熱中症対策!水分補給に最適な飲料は?ポカリとアクエリの違い?OS-1は?

筋肉健康博士
みなさん、こんにちは!初めましての方もそうでない方も、改めて初めまして!
美容や健康、ダイエットなどの記事を担当する筋肉・健康博士です。
元ライザップトレーナーとして多くの方々を健康的で美しい肉体に導いた経験や知識を、少しでも多く皆さんにお伝えしていければと思います。

待ちに待った梅雨明け、そして、それとともに夏本番といったところでしょうか!

とはいえ、連日京都では35度の気温をマークしており、晴れていようが曇っていようが構わず暑いは暑いんですが。。。日差しがしっかりとした分だけ、暑いことに対してあきらめがつくというものです。

筋肉健康博士
先日までは雨が降ります~と言いながら曇るだけ曇って降らず、今日は晴れですと言いながら夕立で豪雨。おかげさまで自宅で使用しているパソコンがお釈迦になりました。本当にありがとうございます。Mac Book Air高かったのに・・・購入して8年、そろそろ買い替え時という天からの思し召しでしょう。買い替える予算がありません。

さて、かなり個人的な話になってしまいましたが、話を元に戻しましょう。皆さん、これまでの暑さからも充分に行っていらっしゃることと思いますが、水分補給はしっかりとできていますか?

スポーツをされている方、外のお仕事の方はもちろんのことと思いますが、ここ10年くらいの暑さははっきり言って、これまでとは異常な暑さです。梅雨時期くらいから連日のように熱中症の話や水分補給をしっかりしましょうなどを各テレビ局のニュースで取り扱うレベル。クーラーを使いましょうなんて、僕が学生時代には天気予報などで取り上げることなど全くありませんでしたね。それくらい異常なことなんです。

そんな中でクーラー、空調がどうしても苦手という方も当然いらっしゃると思います。体温調整のためにも空調は必須ですが、そういった方のためにも、もちろんそれ以外の方のためにも、水分補給に適しているスポーツドリンクについて、今日はお話をしていきたいと思います!

今日から覚えよう、アイソトニックとハイポトニック

いきなり難しい言葉を出しました。いや、難しい言葉ではないですが、普段あまり耳にしない言葉ですね。

アイソトニック飲料、ハイポトニック飲料などという言葉でつかわれ、スポーツ飲料でよく使われています。水分補給を考えたときに、実はこの言葉は結構重要です。使うタイミングによって、アイソトニック飲料なのか、ハイポトニック飲料なのかを上手に使い分けましょう。

まずはアイソトニックから!
アイソトニックとは「等張性・等浸透圧性」といった意味で、栄養学の言葉として使われる場合では身体の体液とほぼ等しい浸透圧をもつ飲料のことを示します。

一方、ハイポトニックは低浸透圧という意味です。なんとなくても想像しやすいと思いますが、体液に組成が近いということは吸収されやすいということですね。
つまり、普段の生活だったり、汗をかいての「普通」の水分補給という意味ではアイソトニック飲料が適している、というのが分かりやすいと思います。

一方、ハイポトニック飲料ですが、熱中症や脱水症状を起こしているような状態、つまり体液から水分やらナトリウムやらがかなり出てしまって、普段よりも体液浸透圧が低いときにはこちらを飲むようにするといいでしょう。ちなみによく聞くOS-1もハイポトニックに分類されます。使い分けが難しいと感じられるかもしれませんが、特に制限なく水分の摂取ができる状態であれば、アイソトニック飲料を飲んでいれば基本的には大丈夫です!

それぞれの代表的な商品はこちら!

アイソトニック飲料

ハイポトニック飲料

こうやってみると色々出てるもんですねぇ。なんとなく、感覚的に普段の水分補給でハイポトニックを飲むと胃にチャポっと溜まる感じがありませんか?あれは浸透圧が低いからこそ、少し溜まる感覚があるんです。アイソトニック飲料はややその傾向が薄い、と皆さんも実感されていらっしゃるのではないでしょうか。

個人的見解、ポカリスエットとアクエリアスの違い


水分補給の代名詞・ポカリスエットとアクエリアス。結局何が違うんでしょう?という問題は皆さんも感じられているかと思います。

同じアイソトニック飲料ですし、スポーツの時や普段の水分補給など、最終的には味の違い!として好きな味のほうを飲んでいらっしゃると思います。確かに両者ともに浸透圧は生理食塩水とほぼ同じ程度の理論値ですし、身体への水分の吸収性にはほとんど差がないのですが、、、ここからはあくまで個人的な意見なので、無視していただいてもかまいません。

身体への水分補給、電解質(ナトリウムとかカリウムとか)の早期補給という意味においてはポカリスエットのほうが優れていると思います。なぜか。単純にアクエリアスはいろいろなものをたくさん入れてしまっているから、というのが答えです。

もちろん、無駄なものではありませんが、BCAAといわれるアミノ酸やクエン酸を入れているため、まさしくスポーツ飲料という感じになっているからですね。しかも、特にこのポイントが個人的にはアクエリアスを遠ざけているんですが、人工甘味料が含まれているんですね。おそらくこういったところで多少身体への吸収速度がポカリスエットのほうが優れていると感じさせているのかなとも思います。

実際ポカリスエットはもともと入院している患者さんのために作られたものですし、作っているのも製薬会社ですし(笑)ここにきてアクエリアスを否定するのもアレですが、アクエリアスに入っているアミノ酸の量なんて高々知れている量ですし、本当にそのアミノ酸含量で身体へのプラスの効果があるかは甚だ疑問です。

個人的な実感、人工甘味料の有無、アミノ酸含有量の少なさ、こういった面で僕個人は周りの方にポカリスエットを勧めています。以上、個人的見解おわり(笑)

最後に

いかがでしたでしょうか。簡単に締めくくれば、場合によって飲み物は上手に使い分けましょうということをツラツラと書きました。これから本格的に夏の暑さや日差しの強さが始まります。

筋肉健康博士
水分補給をしっかりとおこなって、願わくばOS-1を使うことのないようなしっかりとした水分摂取を心がけてくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です